Twitter

【重要】ツイッターアフィリエイトでの電話番号の正しい使い方を日本一詳しく解説するよ

投稿日:

なんと、前回の投稿から間を空けずの投稿です。どうした?俺?

このテーマも前から書こう、書こうと思っていながら先送りしてしまっていたものです。「電話番号」についてです。

僕はこのサイトで「ツイッターアフィリエイトにおいては電話番号はめちゃくちゃ重要です」と何度も言っておりますが、どうもピンとこない人も多いようで。

さらに言うと、電話番号の使い方そのものも違っていたりして、「これはきちんと説明しておかないといかんなぁ」と思っていたわけです。

勘違いしやすいポイントも交え、僕の実際の使い方も一から説明したいと思います。

ツイッターアフィリエイトで電話番号が必要なとき

まず、Twitterでアフィリエイトするとき、電話番号が必要なのは次の3パターンしかありません。

  1. APIを使う時(=ツールを使う時)
  2. アカウント作成時(必要ないときもある)
  3. ロック解除時(必要ないときもある)

それぞれ説明します。

1 APIを使う時

これは必ず必要です。

APIってなんやねん? という方もいるかと思いますが、まあ気にしないで。僕もよく分かってません。

ざっくり言うとTwitterのツールを使う時にAPIというのが必要なのですが、これ、Twitter側に使用許可をもらわないといけないんです。発行してもらう、とも言いますね。APIが必要な代表的なツールにフォローマティックがあります。

で、このAPIは電話番号が登録されていないアカウントには発行されません。なので、電話番号がないと複雑なツールを使うことはできない、ということです。

なお、APIは以前は電話番号さえあれば割と簡単に取得できたのですが、2018年から使用目的やツールの内容などを英文で申請しなくてはならなくなりました。「ツール使って大量にフォローして自動でつぶやきまーす」なんてスパムな申請が通るはずもなく、したがってフォローマティックの使用は実質不可能になったと言えます。

ですが、このAPI申請の手続き変更について、フォローマティックの開発・販売元である副業ネットユニバーシティ株式会社(旧マニホールドナレッジ社)からは何の説明もなく、情報商材販売サイト「インフォトップ」では今も何事もなかったように売られています。

この対応だけでも、副業ネットユニバーシティ株式会社とインフォトップがどういう組織かが分かるってもんです。

2 アカウント作成時

これは必ずしも必要ではありません。というか、基本は必要ないです。

アカウント作成時に電話番号の入力を求められますが、メールで代用できますので。

ただ、たまにメールではうまくいかず、Twitterから「電話番号を入れてちょ」と求められることがあるので、その時はしょうがないので番号を入力するか、いったん諦めて時間を置いてから再度アカウントをつくってください(時間を置くとメールでOKだったりするので)。

3 ロック解除時

電話番号の使い道で最も重要なのがこれです。

ロック解除時もメールでOKなケースがありますが、たいていの場合、電話番号を求められます。番号を入れるとすぐにSMSで認証コードが届けられるパターンですね。

僕が「電話番号は必要」と力説すのは、この「ロック解除で多用するから」です。

僕のフォロワーの増やし方は、基本的にフォローしまくってフォロー返しをしてもらうのが基本です。当然、フォローしまくるとロックも頻繁にかかってしまうのですが、電話番号があればロックなんてすぐに解除できるので問題になりません。

ロックを簡単に解除できるからこそ、大量フォローという力技ができるわけです。そして大量にフォローできるからこそフォロワーが増え、フォロワーが増えるからこそ稼げる、ということです。

この「フォローする環境を整える=ロックへの対応策を整える=電話番号を用意する」ということをせずに、「ロックしまくって稼げません」って言われても、そりゃそうでしょ、と思っちゃうわけです。

ちなみに僕は凍結してしまったアカウントの解除には電話番号はほとんど使いません。理由は後述します。

電話番号の誤解と注意点

「必要な時」について整理しましたが、電話番号の使い方についてはいろいろ誤解があったり、間違えている方も多いので、ちょっと補足をしておきます。

アカウント作成時は必須というわけではない

まず、先ほども書きましたが、アカウント作成時に電話番号が絶対に必要と思っている人が多いのですが、そんなことはありません。電話番号を入力しなくてもメールでつくることは可能です。というか、たいていの場合はメールだけで事足ります。

電話番号を入力してアカウントを作ったほうが「作成したらすぐにロック(凍結)した」という「即ロック」を回避できる、と言われていますが、絶対に回避できるわけでもありません。個人的な体感としてはメールだろうが電話番号だろうが、ロックするときはロックします。

そして、電話番号を登録してないアカウントでも、問題なくすべての機能を使えます。

作業後、電話番号は削除すること

ここ、とっても大事です。

アカウント作成時、もしくはロック解除時に電話番号を入力して普通に使えるようになったら、登録した電話番号は削除してください。

アカウントが凍結した場合、そのアカウントに登録してある電話番号が使えなくなるからです。

削除せずに使っていて、不運にも凍結してしまったら、その電話番号はその後ずっと使えなくなります。

削除さえしておけば、別のアカウントのロック解除などにも使えますので、必ず削除するようにしてください。

電話番号がないアカウントは凍結しやすい

これも微妙ですね。ほぼ都市伝説のようなものですが、そんな気もするし、そうでもないような気もします。

僕は数万フォロワーの大事なエースアカウントだけは電話番号を入力しています。つまり、そのエースアカウントが凍結したら登録してある電話番号は使えなくなるわけですが、「気休め程度の安全性を確保するため」と割り切っています。

ただ、電話番号を入れてないアカウントでも普通に凍結せずに使い続けているのもありますので、これは本当に何とも言えません。

Twitterアフィリエイトでの僕の電話番号の実際の使い方

注意点などもまとめたところで、実際に僕がどのような手順で電話番号を使っているかを紹介します。なお「この通りにすれば凍結しない」というわけでありませんのであしからず。

1 アカウント作成

最初は電話番号を入れず、メールでトライ。うまくいかなかったら、僕は時間をおかずにさっさと電話番号を入力します。時間が惜しいので。

2 作成したらすぐに電話番号を削除

電話番号を入力してアカウントを作成した場合、ある程度プロフィールを作り込んだら電話番号を削除してます。

3 数日後から運用開始

とりあえず数日アカウントを放置。すぐに大量につぶやくとロックすることが多いので2、3日はほったらかしです。

で、2、3日経ってもロックがかかってなかったら、つぶやき開始。基本、botでつぶやき、手動でフォロー。リツイートはツールだったり、手動だったり、ラウンドチームを使います。

4 ロックしたら電話番号で解除

ロックがかかったらアカウント作成時に使った電話番号で解除します。ここも大事。必ず作成時に使った電話番号を使います。

で、解除したらすぐに番号を削除です。

5 凍結したら基本諦める

運悪く凍結したら諦めます。で、削除してある電話番号を使って、あらたにアカウントを作り直します。

エースアカウントが凍結した場合は食い下がって解除申請を出します。この時に電話番号が必要なら、アカウント作成時に使った番号を使います。

以上、このようなサイクルでアカウントを作成し、電話番号を使っています。大事なのは「アカウント作成時に使った電話番号を使う」ことと「電話番号は削除する」こと、です。

「フォローしまくることで大量にフォロワーをつくり、ロックしたら電話番号で解除する」のが僕のやり方ですが、毎日毎日ロックしていたらさすがにスパム扱いされる可能性が高いです。

僕は2~3個のアカウント作業を曜日ごとに分け、月、木はアカウント1、火、金はアカウント2、水、土はアカウント3…といった感じでフォローするようにしています。ご参考までに。

【重要】アカウント作成時の電話番号をロック解除に使う理由

先ほど、使い方を説明するところで「ロックがかかったらアカウント作成時に使った電話番号で解除」と説明しました。これは芋づる式に凍結されるのを防ぐためです。

たとえば、電話番号がA、B、Cの3つあり、①~⑨のアカウントをつくるとします。僕ならAで①~③のアカウント、Bで④~⑥のアカウント、Cで⑦~⑨のアカウントをつくり、以降も作成時と同じ電話番号とアカウントでロック解除などの作業を行います。

つまり、Aの電話番号を使うのは①~③のアカウントのみです。Aを④~⑨のアカウントに入力することはしませんし、Bの電話番号を①~③、⑦~⑨のアカウントに使うこともありません。

Bの電話番号で④~⑥のアカウントをつくったのに、④のロック解除にAの電話番号を使ってしまうと、AとBの電話番号を通じて①~⑥のアカウントが「同じグループ」とTwitter側に認識されてしまいます。すると、⑥のアカウントが凍結したとき、「同じグループ」である①~⑤が芋づる式で凍結する危険が出てくるわけです。

これが、Aは①~③、Bは④~⑥ときっちり決めておけば、たとえ⑥のアカウントが凍結しても、被害は④~⑥だけで済む可能性が高いです。①~③はあくまで「Aのグループ」、④~⑥は「Bのグループ」と別に認識されているからです。

この「電話番号」と「アカウント」の紐付けの考え方は、大量凍結を防ぐためにとても大事だと思うので、きっちり管理した方がいいと思います。

ちなみに僕が凍結したらほぼ放置する、というのは、凍結申請のために大事な電話番号の情報をTwitter側に与えたくないから。その電話番号をもとに、ほかのアカウントまで紐づけられると「凍結するような迷惑なアカウントのグループ」と見なされるリスクがあるからです。

ロック解除には関しては、そこまで迷惑ととらえられていないので、凍結ほどのリスクはないかなと考えています。

Twitterアフィリエイト用電話番号の入手方法

使い方は分かったとしても、問題なのはその入手方法ですね。現状、家族の電話番号を使う以外は次の二つしかないかなぁと思います。

格安SIM

お勧めはLINEモバイルです。TwitterやLINEが使い放題なうえに、書類が全てメールで済むため家族にばれることがありません。

僕は音声なし(SMSのみ)のプランですが、今のところ認証コードは問題なくテキストで送られてきています。

ちなみに「家族にばれても問題ない。値段重視」という方はイオンモバイルもアリです。

Googleボイス

Googleアカウントを持つと使える電話番号ですね。僕はこれをフォローマティック購入者の特典としてもらったので、実際にどうやって取得するかはそこまで詳しくないのですが、探せばいろいろ売っていたりします。

海外番号なのでTwitterの管理画面の表示も英語になりますが、プロフィールやツイートは普通に日本語でできます。

問題点は、しばらく経つとなぜか使用不可能になっていたりすること。僕がフォローマティックを通じて購入した番号も今は何割かが使用不可能です。元の持ち主が何かやらかしたのか、もともと問題がある番号だったのか…?

怪しいモノに手を出したくない人は止めた方がいいかもしれません。

まとめ

以上、Twitterアフィリエイトにおける電話番号の使い方をまとめてみました。

僕はTwitterアフィリエイトを本格的に始めてもう3年以上経ちます。この間、何度も大規模な凍結祭りが起きましたが、ほぼ全て回避しています。

もちろん、大規模な凍結祭りの際には1個や2個やられることはありますし、5万フォロワー以上のアカウントが凍結したことも何度かあります。ただ、他のアフィリエイターが「全滅!」と途方に暮れているような凍結祭りの時でも、僕は芋づる式にやられることなくここまで無事にフォロワーを増やしてきました。

なぜ被害を最小限にできたのか、はっきりした理由は分かりませんが、一つの要因として電話番号の使い方にあるのかなぁと漠然と思っています。

Twitterアフィリエイトを甘く見ている人がとても多くて、「適当にやっても稼げるんでしょ」と番号やアカウントの管理をいい加減にしている人もいますが、そういう人は間違いなく凍結祭りでやられます。

本気で稼ごうと思うなら、一つ一つの行動に細心の注意を払い、電話番号、ID、パスワード、プロキシ、つぶやく時間、リツイートする頻度、全てをデータ化して管理するべきです。適当にやっている方は特に電話番号の扱いがずさんなことが多い印象です。

もちろん、「この通りにやれば絶対に大丈夫!」というわけではありませんが、一つの参考例になれば。

-Twitter
-, ,

Copyright© masalog , 2019 All Rights Reserved.