ワードプレス

【Duplicator使用】ワードプレスを自力でmixhostに移転してみた

更新日:

先日から紹介しているアダルト利用可の神サーバー「mixhost」。

今回はFUTOKAで運営していたアダルトアフィリのサイトをmixhostに自力で移転させてみました。

前回、移転代行サービスを利用して当サイトをFUTOKAからmixhostに移した様子を紹介しましたが、毎回代行サービスを頼んでいたらお金がもったいない!!

節約するには自力でやるしかないわけですが、サーバーの仕組みを理解してない僕にそんな高度なことができるのか…?

と思ったら、案外簡単にできてしまいました。むしろ、「代行サービスなんて使う必要なかったんじゃね!?」というくらいのあっけなさ。

てなわけで、サイト移転の手順を後で自分が見ても分かるよう死ぬほど細かく説明したいと思います。mixhostのヘルプでも詳しく説明されていますが、個人的にはつまづいたところもあったので。

今回は

・サーバーはFUTOKAからmixhostへ

・ドメイン業者はお名前.com

という条件での移転ですが、ほかのサーバーで移転させるとしても手順自体はさほど変わらないと思います。

⇒mixhost公式サイト

mixhostにサイトを移転させる手順の全体像

まずは移転手順の全体像です。ちなみに「Duplicator」というプラグインを使いました。素人なんで、細かいことは専門家がつくったプラグインにお任せです。

1 移転元サーバー側(今回はFUTOKA)の事前準備

・Duplicatorで移転させるサイトのデータを作成

2 移転先サーバー側(今回はmixhost)の事前準備

・mixhostに移転させるサイトのドメインを登録
・ドメイン業者で(今回はお名前.com)移転させるドメインのネームサーバーを変更

3 サイト移転作業

・mixhostでセキュリティ対策
・移転させるサイトのデータをmixhostにアップロード
・mixhostでデータベースを作成
・Duplicatorでサイトを復元

4 サイト移転後の仕上げ作業

・mixhostで不要なファイルを削除
・Duplicatorの削除
・サイトのssl化

大まかにこのような流れです。以下、詳しく見ていきます。

1 移転元サーバー側(FUTOKA)の事前準備

まずは移転させるサイトのデータを作成します。FUTOKA側の準備、と書いていますが、FUTOKAのサーバーパネルなどにログインする必要はありません。すべてワードプレスの管理画面で作業します。

ワードプレスを最新版に更新

まずは移転させるサイトにログインし、ワードプレスを最新版に更新します。旧バージョンのワードプレスでも問題ないと思いますが、まあ、一応ね。

1)WordPressの管理画面にログインし、ダッシュボードで「今すぐ更新してください」と表示されているか確認します。

 

2)WordPressの新しいバージョンがあります。と表示されている場合、「今すぐ更新」をクリックします。

 

3)更新が完了したら、次の作業に移ります。

Duplicatorで移行サイトのデータを作成

今回の移転作業でとってもお世話になるプラグイン「Duplicator」で移転させるサイトのデータを作成します。このプラグインを使わなくても移転は可能ですが、使った方が圧倒的に簡単です。せっかくだから楽させてもらいましょう。

1)WordPressの管理画面にログインし、プラグイン⇒新規追加をクリック。

 

2)右上の検索窓に「Duplicator」と入力し、プラグインが表示されたらインストール。

3)Duplicatorを有効化します。

4)左側のメニューから、Duplicatorにカーソルを合わせ、Packagesをクリックします。

6)右上のCreate Newをクリック。

7)パッケージ(=データ)を作成します。基本的に初期設定のままで問題ないので、そのままNextをクリックします。

8)スキャン結果が表示されます。Buildをクリック。

9)Buildがはじまります。しばらく時間がかかりますので、完了するまで待ちます。

10)Buildが完了してPackage Completedと表示されたら、InstallerとArchiveの両方をファイルをダウンロードします。

この2つのファイルは後でサイトを復元するときに必須ですので分かりやすいところに保存しておいてください。

これで移転元サーバー(FUTOKA)での事前準備は終了です。

次に移転先サーバーであるmixhostでの事前準備にとりかかります。

2 移転先サーバー側(mixhost)の事前準備

mixhost側での準備です。移転させるサイトのドメイン(独自ドメイン)を移転元サーバー(FUTOKA)から移転先サーバー(mixhost)に登録し直して、ドメイン業者(お名前.com)でネームサーバーを変更しなければなりません。

このとき、ネームサーバーの変更が完了するまでに最長で72時間かかるケースがあることはご留意を。

独自ドメインをmixhostに登録

1)mixhostのcPanelにログインします。

2)独自ドメインを追加します。ドメイン⇒アドオンドメインをクリック。

3)新しいドメイン名を入力します。ドメインを入力すると自動的にサブドメイン、ドキュメントルートが生成されます。よほどこだわりがない限り、デフォルトのままがいいでしょう。入力が完了したら、ドメインの追加をクリックします。

今回は説明のため、例として「abcd.com」というドメインを登録したという形で進めます。ちなみに「www」をつける必要はありません。

4)この画面が表示されたら、独自ドメインの追加は完了です。

独自ドメインのネームサーバーを変更する

独自ドメインのネームサーバーをFUTOKAのものからmixhostに変更します。この作業は独自ドメインを取得したドメイン業者の管理画面で行います。

お名前.comの場合、以下のような画面で変更します。

mixhostのネームサーバーは以下の通りです。

ネームサーバー1 ns1.mixhost.jp
ネームサーバー2 ns2.mixhost.jp
ネームサーバー3 ns3.mixhost.jp
ネームサーバー4 ns4.mixhost.jp
ネームサーバー5 ns5.mixhost.jp

ネームサーバーの変更には数時間〜72時間かかります。2、3時間で変更されることもあれば、1日かかることも。この辺は運ですね。

しばらく経ってからドメイン名をブラウザのURLに打ち込み、以下のように「Index of /」と書かれた画面が表示されたらネームサーバー変更が完了したということです。この画面を確認後、次の手順に進みます。

変更方法が不明な場合は、ドメイン管理会社様にお問い合わせ下さい。

3 サイト移転作業

いよいよサイトを移転させます。ややこしそうですが、やってみると簡単です。何事もやってみるもんです。

セキュリティ設定

最初にmixhost側でセキュリティ対策をしておきます。これは「Duplicator」を使う場合に必要な作業です。ほかの方法で移転させるときはする必要ないかもしれません。

1)cPanelから、詳細⇒インデックスをクリック。

2)フォルダの一覧が表示されます。public_htmlディレクトリの左側のフォルダアイコンをクリックします。

3)public_html内のフォルダが表示されるので、先ほど追加したドメイン名のドキュメントルートのフォルダをクリックします。今回の場合、「abcd.com」をクリックします(フォルダをクリックするのではありません)

4)インデックスなしを選択して保存します。

5)この画面が表示されたら、設定完了です。

ワードプレスデータのアップロード

Duplicatorで作成したサイトのデータをmixhostのサーバー内にアップロードします。ここで必要なのがFTPソフト。僕はFFFTPを使いました。

1)FFFTPでmixhostのサーバーに接続します。FFFTPの設定方法はほかにも多くのサイトで詳しく説明されているのでここでは割愛します。

2)public_htmlフォルダを探してダブルクリック。

2)public_html内にmixhostで設定した独自ドメイン(abcd.com)のドキュメントルートがあるのでダブルクリック。

4)ドキュメントルートに移動したら、Duplicatorで作成したしたInstaller(install.php)とArchive(zipファイル)の2つをアップロードします。

ここで、アップロードする前にドキュメントルート内に余計なファイルがないか確認。僕の場合、なぜか「.well_knon」「cgi_bin」「.htaccess」ファイルが自動生成されていることが多く、これらのファイルのためにこの後の作業がうまくいかないことがありました。

何かファイルがあったらすべて削除しちゃって空っぽにしてから2つのファイルをアップロードしてください。

ドキュメントルート内を空っぽにしてから、ファイルをアップロード。

↓↓この状態になったら、アップロード完了です。

MySQLデータベースの作成

移転するサイトのデータをアップロードしたら、次にmixhostにデータベースをつくります。MYSQLというやつですね(mixhostではMariaDBというさらに進んだ仕様のデータベースになりますが、MySQLの呼び方で統一します)。

1)cPanelのデータベース⇒MySQLデータベースウィザードをクリック。

2)作成するデータベース名を入力し、次の手順をクリックします。データベース名は何でもいいです。ここでは例として「abcdefg」と入力します。

データベース名はここで自分で決めた「abcdefg」と、サーバー開設時にmixhostが設定したユーザー名との組み合わせになります。

ユーザー名がxyzの場合、データベース名は「xyz_abcdefg」になります。

ユーザー名はサーバー開設時に送られてきたメールなどで確認してください。

3)データベースユーザーを作成します。データベースユーザー名とパスワードを入力し、ユーザーの作成をクリックします。

データベースユーザー名とパスワードは勝手に決めちゃってOKです。

ここではユーザー名の欄に「1234」と入力。パスワードは「5678910」とします。

このとき、データベースユーザー名はデータベース名と同じく、mixhostのユーザー名との組み合わせになり、「xyz_1234」となります。

ここまでに決めたMySQLの「データベース名」「データベースユーザー名」「パスワード」は後で必要なのでメモっておいてください。

4)ユーザーに与える権限を設定します。すべての権限にチェックを入れ、次の手順をクリック。

 

5)完了画面が表示されたらMySQLデータベースの作成は完了です。

サイトの復元

いよいよサイトを復元します。ここまで来たら、あと一歩です。

1)http://独自ドメイン/installer.phpにアクセスします。今回の場合「http://abcd.com/installer.php」です。すると、Duplicatorのアーカイブ展開画面が表示されます。

↓↓こんな画面です。

ここで、なぜか正しいURLを入力してもうまく表示されないことがたまにあります。きちんと入力しても勝手に違うURLになっていたり…。

うまく表示されなくてもイライラせず、何度か試してみてください。

うまく展開画面が表示されたら、「I have read and accept all terms & notices (required to continue)」にチェックを入れ、Nextをクリック。

2)アーカイブの展開が開始され、データベースのインストール画面が表示されます。画像のように先ほど決めた「データベース名」「データベースユーザー名」「パスワード」を入力します。

全て入力したら「Test Database」をクリック。

※データベース名やデータベースユーザー名がいまいちよくわからん、という場合は、cPanelからMySQLデータベースをクリックしてください。そこにこれまで作成したデータベース名、データベースユーザー名の一覧が表示されています。

3)Successと表示されたら、Nextをクリックします。

4)確認メッセージが表示されるので、Yesをクリック。

4)データ置換画面が表示されます。右下のNextをクリック。

5)完了画面が表示されます。これで復元作業は完了です。…が、もうひと踏ん張り残っています。

移転作業で生成された余計なファイルを削除する必要があるのです。「Site Login」をクリックして次の手順へ進みます。

4 サイト移転後の仕上げ作業

1)先ほどの完了画面の、Site Loginをクリックすると移転完了したワードプレスの管理画面に移動します。そこで表示されている「2. Ramove Installation Files Now!」をクリックします。

2)ブラウザのURL欄に独自ドメインを打ち込んで、きちんとサイトが表示されるか確認します。

3)確認できたら、次にSSL化できているかも確認します。URLの頭に「https://」を付け足して表示されるかどうかチェック。

これで表示されればmixhost側でドメインのSSL化が完了している、ということです。表示されない場合はmixhostでの認証作業が終わってないということ。しばらく時間をおいて再度試してください。

「https」付きのURLでも表示されたら、これで設定完了です。お疲れさまでした!!

…ただし、旧サーバーでSSL化していなかったサイトをmixhostに移行した場合はもう一つ作業が残っています。

mixhostでは登録したドメインが自動的にSSL化されます。そのため、ワードプレスの管理画面でSSL化の作業をしなくてはいけません。

そうしないと、これまでのサイトで使っていた画像などが表示されないケースが出てくるからです。ま、そんな大した作業ではないのでサクッとやってしまいましょう。(元からSSL化してあったサイトを移転したなら、ここから先の作業は必要ありません)

移転したサイトのSSL化

1)ワードプレスの管理画面で設定⇒一般をクリック。

4) アドレスの「http」「https」に変更

「http」を

「https」に変更

 

5)プラグイン「Really Simple SSL」をインストールして有効化

記事内の画像やリンクURLを一括でSSL化してくれる優れもののプラグインです。有効化するだけでOK。これを入れておけば、あとは何もする必要はありません。

インストールして有効化すると、次の画面が表示されますので「はい、SSLを有効化します」をクリック。あとは全自動で全てのリンクをSSL仕様にしてくれます。

画像URLなどをSSL化するには「Search Regex」というプラグインを使う方法もあり、以前はそちらを推奨していました。しかし、「Really Simple SSL」があまりに簡単なため、今ではこちらをオススメしています。

6)Duplicatorを削除

これは個人の好みです。移転が終われば必要ないプラグインなので削除。個人的にプラグインは少なくしておきたいタイプなので。

まとめ

以上でワードプレスの移転作業は全て完了です。

説明だけ見ると長々と感じますが、やってみると案外かんたんにできます。作業時間自体もネームサーバーの変更完了に時間がかかるだけで、慣れればサクサクできるのでは。

今まで僕は「ワードプレスの引っ越しは難しい」と思い込んでいただめ、mixhostのような安くて機能が充実しているサーバーがあっても指をくわえて見ているだけでした。

しかし、こうやって自力でも移行できるなら、他にもいろんなサーバーを検討することができます。最近は「jetboy」のようにmixhostと同じくアダルトOKの格安国内サーバーも出てきました。

サーバーの選択肢を広げる意味で、サイトの移行手順を知っておくのはアリだと思います。

⇒mixhost公式サイト

-ワードプレス
-, , ,

Copyright© masalog , 2019 All Rights Reserved.