Twitter

Twitterアフィリエイトにおける手動フォローのやり方と注意点をまとめてみた

更新日:

フォロワーを集めるには手動フォローが一番だと以前の記事で書きました。

集客はTwitterアフィリエイトの最大の肝です。ここをツールに任せてもロクなことがない、というのが長年やってきた僕の結論です。

なぜツールに任せてはだめなのか。「集まるのがbotばかりだから」。そうですね。もっと言うと、フォローマティックなどのツールで運用されているアカウントばかりが集まります。ツール同士でフォローし合ってるんです。そりゃ稼げるわけがありません。

ツールを使い始めるのって「ほったらかしてフォロワーが集まりますよ」と言われて使い始めるんですよね。僕もそうでした。

ですが、ツールを使うから生きたフォロワーが集まらないんです。ツールを使うから稼げないんです。ツールを使うからいつまでも詐欺的な情報商材の餌食になるんんです。

ということで、「手動フォローの正しいやり方」を説明します。

1日何アカウントまでフォローするべきか

いきなり核心です。

手動フォローに限らず、「フォローは1日いくつまでしていいのか?」。これ、Twitterアフィリエイトで常に議論される問題です。

大量フォローすればスパム判定につながり、凍結リスクが高まります。かといって、1日10フォロー程度ではいつまでたっても1万フォロワーには届きません。

巷では「1日100フォローまでOK」「30フォローが限界」などと言われています。まあ、その辺が無難な数字です。

でも僕の考えは違います。

「ロックするまでフォローする」

これが僕の中での正解です。

ロックしてもアカウントは生きている

「ロックしちゃったらもう作業できないじゃないの?」

「ロックすると凍結リスクが高くなっちゃうんじゃないの?」

いえいえ、ロックしても作業ができなくなるわけではありません。解除手続きを踏めば問題なく復活しますし、その後は何事もなかったようにツイートもリツイートもできます。

凍結のリスクが高まるということも僕個人は感じていません。

これまでに100回以上ロックを食らったアカウントがありますが、今も無事です。このアカウント、きちんと1万近いフォロワーがついています。

ただし、ロックの解除にはメールアドレスか電話番号が必要となります。僕が「ツイッターアフィリエイトに電話番号は不可欠」と強調するのは、この「ロック解除」に必要だから。

逆に言うと、複数の電話番号があればロックなんて怖くもなんともないんです。凍結しても一からやり直せばいい。ロック覚悟でフォロワーを増やせるんだから強気でいけるわけです。

1日何フォローできるのか?

では、ロックするまでに何フォローぐらいできるのか?

これはケースバイケースです。運がよければ300でも500でもフォローできます。でも、最近は100~200ぐらいでロックがかかる感じでしょうか。運が悪いと30フォローぐらいでやられます。

僕は面倒くさがりなのでスマホで一気にフォローしまくります。100フォローぐらいなら数分で済みます。このペースだと大抵の場合100を超えたところでロックがかかります。

「できるだけロックは避けたい」という方は、朝50フォロー、昼50フォロー、夜50フォローと分けるのもアリです。ま、それでもロックするときはするので、一気にやっちゃった方が効率的というのが僕の考えです。

つくるアカウントにもよりますが、フォロー返しはおおむね3~5割です。運よく500フォローできれば1日で150~250フォロワー増える計算です。ツールなんかより余程効果高いです。

ロック前とロック後の変化

ロック解除後はもうフォローできないの?

フォローはできます。Twitterで1日にフォローできる上限数は以下の通りに決まっています。

フォロワー5000以下 1日1000フォローまで
フォロワー5000以上 フォロワー数×1.1まで

1日1000フォローまでならOKなんです。ただし、ロック後はフォローしても意味がありません。ロックがかかったアカウントは、ロック解除後も一時的にスパムと認識されているからです。

スパム認定されたアカウントはフォローしても相手に通知が表示されません。相手が気づかないのでフォロー返しが期待できないんです。

昔はロック後もスパム判定されませんでした。そのため、毎日上限の1000フォローして1日で300~500フォロワー増やす力技が通用しました。

ですが、今はそれができません。ロックがかかったらフォロー作業はそこまで。ロック後にいくらフォローしても無駄でしかありません。

いつスパム判定が解けるのか

では、いつからスパム判定が解けてフォローを再開すればいいのか。

正直、僕もはっきり分かりません。24時間以上空ければスパム判定が解けていることが多いように思いますが、きちんと検証したわけではありません。

僕の場合、毎日フォロー作業する気にならないので(単純作業過ぎて眠くなる)、2、3日おきにフォローしてます。それくらい空けているとだいだいスパム判定は解けています。

「1回の作業で100フォローとして2、3日おきだと大してフォロワー増えそうもないなぁ」と思うかもしれません。

確かに、魔法のように1000も2000もフォロワーが増える方法ではありません。でも、フォローマティックよりも大量かつ濃厚なフォロワーが集まるのは間違いありません。

ロック・凍結基準が緩い時期がある

基本的にフォロワー集めの作業はコツコツとやるしかないのですが、Twitterにはロックや凍結の基準が厳しいときと緩いときがあります。

厳しくなるのは、フォローマティックのような情報商材が出回ってスパムアカウントが大量に発生したときや、座間事件のようにTwitterに社会的な批判が強まるとき。

「最近厳しいな」と思ったら1か月ほど空ける。そうすれば比較的安全に運用できると思います。

逆に、作業していて「最近緩いな」と感じたらどんどんフォローするべきです。この辺の波というか周期はやっていくと何となく分かります。

2017年末時点での記事です。Twitterの仕様変更に伴い、上記のやり方が通用しなくなる可能性はあります。

どんなアカウントで手動フォローするべきか

最後に、どんなアカウントで手動フォローするべきかを説明しておきます。

多くの情報商材やアフィリエイト指南サイトでは「面白い動画」や「ためになるツイート」をつぶやくアカウントをつくれ、と指導しています。

ですが、いくら面白い動画を集めてもフォロワーは増えません。リツイートはされますが、「このアカウントおもしろい!フォローしよう」なんてことにはなりません。

そんな超前向きな反応が期待できるのは、すでに数万フォロワーがついていて権威付けされたアカウントか、有名人のアカウントです。

僕らのような凡人のアカウントなんてツイートが拡散されて終わりです。

ではどうするか。

凡人には凡人の戦い方があります。

最強のアカウント「ファンアカウント」

凡人がつくるべきは「誰かのファンを装ったアカウント」です。

乃木坂、欅坂、イチロー、本田圭佑、嵐…

対象はなんでもいいんです。車やバイクなどでもOKです。

例えば、アイドルのファンアカウントをつくったとします。そしたら、そのアイドルのファンを装ってアイドルの画像やコメントをつぶやけばいい。

そのうえで、同じアイドルを応援している他の個人アカウントをフォローしまくるわけです。

同じアイドルのファン同士、かなりの確率でフォロー返ししてくれます。ファンはつながりたいんです。何なら、向こうからフォローしてきます。

つぶやく必要すらない

このファンアカウントのいいところはつぶやく必要すらないことです。

一ファンのアカウントですから、毎日つぶやかなくても不思議ではありません。誰かのアカウントをリツイートするだけでも問題ないです。リツイートしたアカウントから「ありがとー」と感謝されてフォローされることもしばしばです。

つぶやくとしても内容は「めっちゃかわいい」「握手会いきたーい」みたいなコメントで十分。ある程度フォロワーがつくと、「腹減った」みたいなコメントでもいいねがつきます。

ファンアカウントは一般集客用アカウント

「ファンを装う」と書いていますが、本当に好きなものがあるならそれでいきましょう。僕も年甲斐もなく個人的に好きなアイドルのアカウントをつくっています。殺伐とした作業の中でもかわいい画像を見てると癒されますな(笑)

このファンアカウントはこの記事で説明しているところの「4 一般集客用アカウント」の役目を果たします。

で、フォロワーがたまったところでブリッジアカウントやアダルトアカウントの内容をリツイートすれば…。後はお分かりですね。

僕のアイドルアカウントでは「ちいエロ画像」とかをリツイートしてます。リアルアカウントの人はいいねを押しませんが、裏垢の皆さんは狙い通りの反応を示してくれます(笑)

まとめ

以上、手動フォローのやり方と考え方をまとめてみました。

Twitterはすぐに仕様を変更しますから、いつまでも通用するかはわかりません。こういうのは早い者勝ちなんですよね。

ただ、ファンアカウントの考え方はいつまでも通用すると思います。

あまり無茶はお勧めしませんが、自己責任でお試しを。

-Twitter
-,

Copyright© masalog , 2020 All Rights Reserved.